イメチェンしたい

髪の長さはそのままで

美容院 吉祥寺駅 縮毛矯正 トリートメント 予約 おすすめに行って「バッサリ髪を切る」というのは、かなり勇気のいる事ですよね。ですからいくらイメチェンをしたくても、バッサリ切ってしまってもしも似合わなかったら…などと考えるとなかなか踏ん切りがつかないものです。ですが、意外と髪の長さを変えなくても、他にもイメチェンに相当するぐらい印象を変える方法はあるようです。たとえばトップにレイヤーを入れるだけでも随分と違うようです。ストンを降ろしただけのロングヘアの人なら、少しトップや毛先に動きがある感じにするだけでも、イメチェンになります。どちらかと言うと、堅実だったりクールな印象から、柔らかく明るい感じに変えることができると思います。レイヤーをいれると、大抵の場合少しボリュームアップする感じになります。どちらかというと、前髪を作った方が可愛らしい感じになりますし、バランスがとりやすいと言われています。ですが元からクールな印象だった人にとっては、前髪を作る事によって、いきなり幼さを感じさせるスタイルになるので、全体的な印象としてはかなり変化するようです。もしもちょっとしたイメチェンに留めておくならば、前髪はそのままにする方が良いかもしれませんね。長さを変えないイメチェンですし、無理にパーマをかけなくても毛先をワックスでクシュっとさせるだけでも変化を感じることができます。短いアホ毛が頭頂部でツンツンしていると、とてもみっともないと感じますよね。どうにかしてこの短いツンツンした髪の毛を見えないようにしたい、と思うのは誰でも同じだと思います。実は上手くドライヤーなどを使って、このアホ毛が立ってしまうのを、目立たなくすることができるようです。この技を知っておくととても助かります。まず、アホ毛が跳ねて立ってしまうのは、水分が不足してパサパサしていると余計にその症状は加速します。ですからうるおい成分をしっかりと与える事がまず必要です。そして策としてはドライヤーの使い方を工夫します。ひとつは普段分けている分け目を変えてみます。そしてドライヤーを頭の上からあてて髪の毛を寝かせるように気を配ります。手で抑え気味にして乾かしていくと良いと思います。その時に少し下へと引っ張るような感じにすると髪の毛の根元が他の髪の毛と同じ方向を向きます。温風と冷風を交互に使い分ける事でも効果があります。温風で髪の毛の方向を自在に動かし、冷風で固定する、と言うイメージです。これを繰り返すとアホ毛が他の髪の毛と一緒にまとまってくれます。ただし注意しなくてはいけないのはドライヤーは髪の毛から最低20センチは話した状態であてるようにします。髪の毛は熱し過ぎると必要な水分まで蒸発してしまって逆にアホ毛を悪化させる原因となります。