イメチェンしたい

前髪カットでイメチェン

前髪と言うのは、顔に一番近い部分にあるので、それだけ顔の印象を変える大きな要因となります。よく女子が気にするのが「前髪を切りすぎた」と言うと思いますが、これはいかに前髪が顔の印象を変えるか、と言う事を証明している気がします。千葉 美容院サイドやバックの髪の毛を数ミリ変えてもほとんどの人が気が付きません。でもこれが前髪のカットだったら、殆どの人が気が付くのではないでしょうか。それは髪が短くなった、と言う印象よりも、顔の感じが変わったからだ、と考えられます。ですから前髪の分け目を変える事だけでも印象を変える事は出来ますが、そこにカットを加えると、なおいっそうのバリエーションを加えることになるでしょう。前髪を切ってイメチェンするには、前髪の長さを変える、と言う方法と、前髪の量を変える、と言う事と、前髪の毛先の感じを変える、と言う方法があると思います。長さに関しては先ほども言ったように、数ミリでもその変化を感じることができます。それに加えて例えば奥行きの感じを変える、つまりどこまの髪を取って前髪にするか、と言う事でも違ってきます。毛先をきちっとそろえる、いわゆるパッツンのスタイルにすると、ちょっと知的な感じになる事が多いですが、逆に毛先をわざと不揃いにすると、ナチュラルな感じになります。ダメージケアになる原因の多くはパーマやカラーだと言うイメージがありますが、枝毛やキレ毛はパーマやカラーをしていなくても出現する事がありますよね。枝毛やキレ毛の原因は何なのでしょうか? まず髪の毛の先が枝分かれする、と言う不思議な枝毛の現象は、髪の毛の表面を保護しているはずのキューティクルが傷ついたことが原因で起こります。傷ついたキューティクルの隙間から髪の毛を作る主成分であるタンパク質が流れ出てしまうんですね。ですから普通ならば髪の毛一本の中で絡み合って縦につながっている成分が、その絡まりがほどけてしまってバラバラになるんです。そうすると縦のつながりが無くなってしまって、枝分かれしてくるんですね。キューティクルが傷ついてしまう原因はパーマやカラーもありますが、カットの仕方が悪くても枝毛が起こる事があります。ハサミの切れ具合に問題があったり、削ぐような感じで梳いたりした場合には起こりがちです。また激し過ぎるブラッシングが原因となる事も有りますし、ドライヤーやコテを頻繁に使った事による乾燥が原因でなることもあります。また傷んだ髪の毛に異常な力が加わりすぎた時に髪の毛が耐えられなくなって途中で切れてしまう事をキレ毛、と呼んでいて、枝毛と同様に中の成分がもろくなったことによって起こるようです。